寄付の使途について

2017年、慶應義塾体育会競走部は創部100周年を迎えました。古くは1936年のベルリン五輪の棒高跳で銅メダルを獲得した大江季雄選手、近年はリオデジャネイロ五輪の4×100mリレーで銀メダルを獲得した山縣亮太選手やリオデジャネイロとロンドンのパラリンピックに2大会連続出場した高桑早生選手、800mでロンドン五輪に出場した横田真人選手、本年のアジア競技大会200mで金メダルを獲得した小池祐貴選手など、競走部は日本を代表する選手を数多く輩出しています。

箱根駅伝については、1920年の第1回大会に出場した4校のうちの1校であり、出場30回、総合優勝1回という輝かしい伝統があります。1994年の第70回大会を最後に近年は予選会を突破できずにいますが、創部100周年を機に再び本格的な強化を開始しました。

日本体育大学や日清食品グループで選手および指導者として活躍した保科光作コーチの招聘、慶應義塾大学SFC研究所におけるランニングデザイン・ラボの設立、慶應義塾大学スポーツ医学研究センターとの連携などが奏功して、箱根駅伝プロジェクトの初年度より、根岸祐太選手が関東学生連合チームの一員として選出され、本選にて8区を走ることができました。

また、慶應箱根駅伝プロジェクトの立ち上げに呼応して、多くの高校生や中学生が、「慶應のユニフォームを着て箱根路を走りたい」という熱い思いを胸に抱いて慶應義塾の入学試験を突破し、競走部の門を叩いてくれました。

慶應義塾の創立者である福澤諭吉は、智徳とともに気品を重視して、社会のリーダーたる人材の育成を志しました。私たちは学業だけではなく、またスポーツだけでもなく、文武両道という学生スポーツのあり方を希求しながら箱根駅伝本選への復帰を目指して参ります。

寄付金の主な使途として想定しているのは、下記の通りです。

  1. 強化支援(強化合宿費用、試合遠征費用、トレーニング用具購入・設備導入、勧誘活動費用等)
  2. 体調管理・ケガ予防支援(合宿所生活環境改善、治療費、セルフケア器具購入、栄養補助食品購入等)
  3. その他(ウェブサイト運営管理費用、応援用具購入、事務経費、コーチの活動経費補助、競走部強化に資するその他の費用)

なお、上記は現時点で想定している主な資金使途ですが、慶應陸上競技倶楽部の判断により、上記以外の使途に資金を活用させて頂くこともある点につき、予めご了承ください。